新着情報

2013年7月16日  往年の名画といえば、やはりオードリー

往年の名画として思い浮かぶのは、やはり、オードリー・ヘップバーンの出演作品の数々です。 バレエで鍛えたスレンダーでしなやかなボディと、気品ある顔立ち、キュートなしぐさや声は世界中の人を魅了しました。 男性はもちろん、むしろ、女性のファンのほうが多いくらいかと思います。 今の若い人の間にも、オードリー・ヘップバーンに憧れたり、理想の女性とする人はおおいですね。 たくさんの映画に出演し、全てがヒットしており、どの作品名を挙げても歴史に名が残っています。 その中から敢えて代表的な作品を挙げるとすれば、1953年の「ローマの休日」、1954年の「麗しのサブリナ」、1956年の「戦争と平和」、1957年の「昼下がりの情事」、1961年の「ティファニーで朝食を」、1964年の「マイ・フェア・レディ」、1966年の「おしゃれ泥棒」といったところでしょうか。 他の作品も全て素敵ですが、日本でも特に名前が知られている作品です。 ほぼ毎年1本は名作を生み出しているのですから、スゴイですね。 声がキュートなので、日本語吹き替えではなく字幕で観てほしいです。 中でも「ティファニーで朝食を」は、高級アクセアリーブランドのティファニーを世に知らしめ、一大ブームを巻き起こした作品でもあります。 食べていたのは、バターにキュウリが挟まったシンプルなサンドイッチでした。

お金の増やし方を紹介します

長いデフレを脱出するべく、安倍政権が日本銀行と手を組み、
いわゆるアベノミクスと呼ばれる経済政策を実行しようとしています。
実現までには時間がかかりますが、この政策発表以来、日本の株価は上昇し超円高は解消してきています。
この流れをつかんでお金を増やそうという方が多いのではないでしょうか。
投資となりますと、まずは株式が考えられるでしょうけれど、株式で利益を上げる場合、
購入した時よりも売却した時の方が高くなければ意味がありません。
アベノミクス発表で株価が上昇してから購入するのでは遅いのではないかという問題があります。
高く買っても、それ以上の値段で引き取ってくれる買い手がいなければならないからです。
バブルの時に株価が永遠に上がり続けると思い、はじけて大損したという例は枚挙にいとまがありません。
株式ではありませんが、大失敗の例があります。
石油で財を成した兄弟が海外にいて、次の投資先を模索したところ、銀が非常に安い事に気づきました。
そこで世界中の銀に投資して銀の価格を大きくつり上げました。
結果として、この兄弟は破産してしまいます。
ヨーロッパでは家庭から銀の食器が消えたと言われるほど、銀が売却されていきました。
兄弟は膨大な銀を入手した訳ですが、入手した価格以上の価格で買い取ってくれる相手が見つからず、
バブルがはじけて価格が暴落してしまいました。
1年で価格が数倍に上がり、元に戻るという凄まじいものでした。
株式でもたまにプロが株を大量に買い占め、価格がつり上がったところで一気に売却という例が過去にあります。
この流れにうっかり素人が引っかかると、大変な損を蒙ってしまう訳です。
一攫千金を素人が狙うのは厳しいでしょう。
そこで、大勝ちはしませんが大負けもしない、そこそこ勝ち抜ける戦略を考えることが重要になるかと思われます。
今の日本の預貯金の金利は、年1%にも遥かに及びません。
そんな中で年数パーセントの資産増加はまず勝っているといえるでしょう。
この程度の勝ちに繋がるような方法をいくつかご紹介していきます。
お金を増やすと生活が潤うことだけではなく、心も満たされることになります。
何をするにもお金はかかってくるものですが、それを惜しみなく使うことが出来るのも
賢いお金の増やし方を利用したからこそだと考えられます。
増やしたお金で会社を立ち上げることもできますし、不動産を購入して賃貸で一生収入を得ることだって可能です。

よく現実的ではないと言われるギャンブルでの収入。
確かにデータの伴わないギャンブルは、ただお金をお店に与えているだけです。
しかし、競馬ならば勝てる知識があれば、立派な収入源になるのです。
本当と思われる投資法という嘘のような方法があるほどです。
この本当と思われる投資法とは、過去のレースデータに基づいて予想を立てていくものです。
競馬投資を例に挙げましたが、これだけに関わらず、
お金を増やす努力と情報収集は惜しまないほうがいいでしょう。
この方法で稼いでいる人は大勢います。昨今ではお金を稼ぐ方法がたくさんありますが、
馬が好きなのであれば、是非この投資を一度試してみてはいかがでしょうか?